治験バイトの経験者がバイト代、リスク、入院中の生活などについて紹介!

どうも!れびです。

僕は大学生の頃、治験に参加したことがあります。

友達とかにそのことを話すと「副作用とかありそうで怖い」とか「人体実験じゃん」とか色々言われるんですよね。

でも僕は声を大にして言いたい。

安全だし楽だしお金沢山貰えるし美味しいバイトだということを!

今回はそんな治験について体験談を交えて紹介していきたいと思います!

そもそも治験ってなに?

まず治験について説明したいと思います。

 治験とは発売前の薬の安全性と有効性、副作用を検証するための臨床試験のことです。
製薬メーカーが薬を販売するには厚生労働省の承認・認可が必要で、治験はこの申請で必ず必要な過程となっています。
また、被験者として治験に参加する方のことを医学ボランティアあるいは治験ボランティアと呼びます。

要するに発売前の薬の試験を人の体で行うわけですね。

治験の副作用

「でも人の体で発売前の薬の試験をするなんて怖い」って思いますよね。

僕も激しくそう思います。

正直募集内容とかをみて「あ、これは副作用とかありそうでやりたくないな」って思うことありますもん。

まぁ外国とかでは普通に使われている薬を日本で発売するために治験をする場合も多いらしくて、滅多に副作用は出ないらしいんですけどね。

でも市販されている薬でも副作用があるものはあるし、絶対に副作用が出ないとは言い切れないってことは念頭に入れておきましょう。

ただ副作用が出てしまった場合でも、そばに医師がいて、すぐに治療をしてくれるため安心かなとは思います。あと副作用の治療については無料なので、金銭的な負担もありません。

治験を選ぶうえで大切にしていたポイント

「でもやっぱり健康を害する可能性があるなら治験をやりたくない!」って思う方!

その気持ちすっごく良くわかります!

なのでできるだけ安全そうな治験を選ぶことが大切だと僕は思っています。

そして一番安全だと思う治験は貼り薬です。

募集要項はこんな感じのやつですね。

f:id:natunokomorebi:20171001010022p:plain

つまり湿布やパッチなどのことなのですが、皮膚に貼るだけなので副作用が出ることはまずないと思っています。(皮膚が弱い人は気を付けた方が良いですが)

ちなみに僕が行った治験は点眼薬でした。

要は目が疲れた時にさす目薬です。

病気のための薬ではないので、副作用もまずないだろうという見解の下、選びました!

他にも安全そうな治験はあるので、まずは色々と探してみるのが良いかと思います。

▼無料会員登録はこちらからどうぞ▼

報酬ってどのくらいなの?

「お金 フリー画像」の画像検索結果

治験バイトって普通のバイトと比べるとかなり高額なのですよ。(まぁリスクもあるので当たり前ですが)

協力費の目安は通院で1万円/日、入院で2万円/日ってところかと思います。

僕の参加した治験は3泊4日の入院で10万円でしたので、平均よりちょっと高めでしたね。

また治験を行う前に、健康診断を受ける必要があり、その結果で治験参加の合否が決まるのですが・・なんと不合格でも受けるだけで5千円程度の協力費が貰えるんです。無料で健康診断ができて、さらにお金も貰えるなんて凄いですよね!

あと治験はボランティアの位置づけであり、報酬もお給料ではないので非課税です!(これがかなりでかい)

治験のメリット

「オッケーする美人ナースオッケーする美人ナース」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

メリット①:報酬が高額

これは前途の通りですが、報酬が通常のバイトよりも高額です。

なかには30万円や50万円の報酬を頂ける治験もあるとか。

メリット②:ものすごく楽

僕の場合ですが初日に点眼薬をさしてからは、朝晩の採血と眼の検査を除いて自由時間でした。

もうね、控えめに言って最高でしたよ・・。

病院には漫画が大量に置かれていて読み放題だし、看護婦さんがレンタルショップからDVD借りてきてくれるし、ボードゲームも置いてます。

持ち込めば勉強も可能です。

ちなみに僕が読んでた漫画はこちら!

ARMS(1) (少年サンデーコミックス) Kindle版

 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

 天使な小生意気(1) (少年サンデーコミックス) Kindle版

どれも面白いのでオススメ!

少し話がそれましたが、ほんと一日中だらだらしてました。(これでお金貰えるとかやばすぎって内心思ってました)

メリット③:飯が旨い

病院食ってまずいイメージがありますよね?

でも治験で出てくるご飯は非常に美味しかった!

出てくる量も当時21歳で食べ盛りの僕が満足できるレベルでした!

メリット④:規則正しい生活が送れる

夜早く寝て、朝早く起きる。朝昼晩のバランスの良い食事。

普段不規則な生活をしている人でも、強制的に健康的で健全な生活ができちゃいます。

治験のデメリット

関連画像

デメリット①:副作用の心配がある

やはり一番は副作用があるんじゃないかという不安ですね。

どうしても心配なら、治験を行うのはやめておいた方が良いと思います。

デメリット②:行動が制限される

治験は明確にスケジュールが決まっています。

また運動や喫煙、外出もできないので一日中室内に居なければなりません。

それが苦痛だって人は向いていないでしょう。

デメリット③:集団生活をする必要がある

治験は集団で行うのが基本です。

よって見ず知らずの人と一日中過ごさなくてはなりません。

僕はあまり他人が居ても気にならないので、誰とも一言も喋らずにひたすら漫画読んでました(笑)

ただ眠るときは他の人のイビキがちょっと気になりましたね~。

デメリット④:毎日採血がある

基本的に治験には毎日採血があります。(貼り薬はない場合もあります)

よって採血が苦手な人にはかなり苦痛かと思うので気を付けましょう。

治験の参加資格

f:id:natunokomorebi:20171001035001p:plain

治験に参加できない場合もあるので覚えておきましょう。

外国人の治験参加

日本で実施する治験は日本人向けに作られた薬を対象に行うため、体格や食生活の違う外国人ではなく、日本人を参加対象としています。

休薬期間中の治験参加

治験は一度行ったら3か月~6か月は治験に参加することができません。

理由は前の治験の影響が残っていたら、正確にデータ収集ができなかったり、健康を損なう危険性があるためです。

同時に二つ以上の治験に参加

これもできません。

万が一、複数の治験への参加が明らかになった場合は治験はストップされ、以降の治験にも参加できなくなる可能性があるため、注意しましょう。

オススメの治験サイト

「案内をする美人看護師案内をする美人看護師」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

治験に参加するためには、治験サイトに登録して募集を探すのが一番手っ取り早いです。

正直、サイトで募集している治験に違いはあまり感じなかったので、色々なサイトに登録して自分に合った治験を片っ端から探すのが良いかと思います。

以下に僕が使っていた治験サイトを紹介します。(複数登録が面倒であれば、V-NETかVOBのどちらかで良いかと思います)

▼V-NET(医学ボランティアネットワーク)▼

▼Volunteer Bank(VOB)▼

▼新薬モニター情報サイト「新薬ネット」▼

まとめ

治験は美味しいバイトであることは間違いありません。

実際僕も漫画読んでいるだけで10万円ゲットしたようなものです。

もちろん副作用も全くなし。

ただ拘束時間が長いので、社会人にはちょっと厳しいかもですね。(学生に戻りたい)

安全そうな治験を選べばそこまでリスクもないかと思いますので、興味がある方は一度チャレンジしてみては如何でしょうか?

おわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です